丹野画伯のワード絵画教本

丹野画伯のワード絵画教本を購入・体験してみました。その評価や感想をレビューします

あなたは、夢中になれる趣味や人に自慢できる趣味を持っていますか?私は、今まで趣味という趣味がなく、仕事だけに生きてきた人間でした。

 

ですが、定年を前に「夢中になれる!人に誇れる!そんな趣味を見つけてみたい」と考えていました。

 

そんな時、偶然テレビで丹野朝二さんのワード絵画のことを知り、その絵の素晴らしさからワード絵画を習ってみたい!と思い、自宅に居ながら学べる“丹野画伯のワード絵画教本”を購入することに。

 

この“丹野画伯のワード絵画教本”の良いこところは、油絵のように匂いも気にならない、水彩画のように場所を取らないし、水をこぼして床をふくことない点です。

 

また、ワード絵画なら、何度でも書き直せる!いくらでもコピーできる!拡大・縮小も思いのまま!メールで送るのも簡単!など他の絵にはない数多くのメリットがあるんですね。

 

また、絵画初心者私でも「本当に使えこなせ、描くことができるのか?」と内心不安なところもありましたが、そんな心配は無用でした。

 

ワード機能の自由線の使い方、そして、塗りつぶし、グラディーションやテクスチャを応用するだけで、面白いように繊細な絵が描けるようになります。

 

いま“丹野画伯のワード絵画教本”を学んでから14日ぐらいになりますが、以前より完成度の高い自然風景を描けるようになり、喜びとやりがいを感じる充実した日々を過ごしています。

 

絵心がなくても、何回も簡単に書き直しができ、楽しみながら!いつの間にか味わいのある絵が描ける!あなたもそんな魅力的な表現手法を学んでみたいと思いませんか?

 

テキストと動画に従って練習するだけで、あなたもきっと素晴らしい絵がワードで描けるようになると思います♪

 

 

〜基礎を学びば、あと自分でどんどん応用して、いろんな手法を開発していくこともできます〜

 

↓↓↓丹野画伯のワード絵画教本・公式サイトはこちらから↓↓↓